体の中でどう吸収されるのか

他の飲み物ではダメなの?

水分補給という意味では、水以外にもお茶やジュースなど、様々な飲料がありますよね。
子供たちは当然、ジュースが大好きです。
真夏の水分補給として勧められているスポーツ飲料は、体内に水分が吸収されやすくなっています。
そうしたもの以外では、やはり普通の水が体内に吸収されやすいものです。
お茶やそのほかの飲み物は、水に他の物質が混ざっているため、純粋な水分として体が吸収してくれないためです。
また、ジュースやコーヒーなどには糖分やカフェインが含まれていて、それらも合わせて接種することになります。
過剰に摂取すると体に良くないものも含まれていますね。
嗜好品として飲むことの多い水分ですが、体にとってはやはり水分補給には水、これが基本なのですね。

水分の摂取だけでなく

水を飲むという行為は、単に水分を補給するという目的だけではなくなっています。
体にどう作用するのか、健康にどう影響するのかを考えながら補給することで、疲れにくい体になったり、美容に良い効果が期待できたりと、結果が伴う選び方、飲み方が当たり前になってきました。
カルシウムやミネラル、水素やアルカリイオンなど、いろいろ含まれている水が出ています。
体に不足しがちな養分を補ったり、体調を整えるように働きかけたりしてくれるものです。
体の60%は水分ですから、飲む水の質にこだわることで、肌や髪、体調まで変わることは、考えてみれば納得です。
大人になると水分は水以外で摂取することが多くなります。
あえて水を飲むのは、意識しないと難しいですが、毎日飲む水で体が変わっていくのなら、是非試してみたいことです。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ