水にもいろいろあります

そもそも水道水って?

蛇口をひねれば出てくる水道水ですが、都市部の水道水はそのまま使う事に抵抗を覚える人がいると思います。
水道水は浄化や消毒など適切な処理を施していて、人体に影響がないよう、安全面でも保証されています。
しかし、臭いや味が嫌で直接飲みたくないという人は多いのではないでしょうか。
料理など、加熱したりする場合は普通に使うのだけれど、直接飲料水としてわざわざ選ぶ人はいないかもしれませんね。
それに、今は蛇口に取り付けるタイプの浄化装置が普及しています。
簡単にでも水道水を濾過して、少しでも臭いや味を取り除きたいからでしょうか。
ただし、そうしたイメージが先行してしまって、実は美味しいのに敬遠されているという事もあるかもしれません。
実際に東京都水道局では、「美味しい水道水」をアピールしています。
お住いの地域の水道水が美味しいか、一度確認してみてもいいかもしれませんね。

湧き水や井戸水は

都市部ではあまり見られませんが、湧き水や井戸水は貴重な水源です。
天然のお水は新鮮で真夏でも冷たくて、味もまろやかで美味しい印象があります。
確かにそんな水もありますが、実はそのまま飲めないものもあるんです。
水道水は安全基準を設けていますが、湧き水や井戸水などの水道水以外のものには水質を確認する義務はなく、その安全をどこかが保証しているものではありません。
したがって、細菌などが含まれていることもあり、そのまま飲んでしまうとおなかを壊してしまう事も考えられるのです。
実際に湧き水や井戸水には煮沸消毒するように注意を促しているものもあります。
あくまで自己責任で、ということです。
自治体によっては水質検査を行ってもらえるところもありますので、依頼するのも一つです。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ